//ルートにアクセスされたら/archiveにリダイレクトする

エイリーの備忘録

開発や音楽について書いていこうと思っています。

gitを使うなら最低限覚えておきたいgitコマンド6選

gitを運用するなら覚えておきたいコマンドを紹介します

git add

変更のあったすべてのファイルをステージングします

git add .

特定のファイルをステージングします

git add <ファイル名>

git commit

git commit -m

ステージングされた変更をコミット(確定)します

git commit -m "<コミットメッセージ>"

git commit --amend

前回のコミットに現在のステージングされている変更を適用します

git commit --amend -m "<コミットメッセージ>"

git push

git push

特定のブランチをリモートブランチへpushします

git push origin <ブランチ名>

git push -f

ローカルで過去改変などをしてpushできなかった場合にローカルの変更で上書き ただし、これをやる場合は、 共同編集者のコミットをなかったことにしちゃった///てへぺろ ってなるかもしれないので最新の注意を払わないといけない

git push -f origin <ブランチ名>

git pull

特定のリモートブランチの変更をローカルのカレントブランチへ反映します 正直git pull origin master以外あまり使わないですが・・・

git pull origin <ブランチ名>

git checkout

git checkout

特定のブランチへ切り替える

git checkout <ブランチ名>

git checkout -b カレントブランチの派生ブランチを作成してブランチを移動

git checkout -b <ブランチ名>

git reset

git reset 直前のコミットを取り消す。ただし、ファイルの変更は破棄されない

git reset @^

git reset --hard

コミットまでのファイルの変更を破棄する

git reset --hard

直前のコミットを取り消す。ファイルの変更も破棄される

git reset --hard @^

終わりに

以上がgitを使うな最低限覚えておきたいgitコマンドになります。 ~~ 正直はエディタのgitクライアントも優秀なので、極力手をキーボードから離したくないという方や、CUI最高↑という方以外はコマンドを覚えなくてもいいと思います。 ~~