//ルートにアクセスされたら/archiveにリダイレクトする

エイリーの備忘録

開発や音楽について書いていこうと思っています。

zsh導入と3日間触れてみた感想

ネットを見ていると、zshいいよbashなんかより全然使いやすいよ!という意見を多数見かけたので、まああまり変わらないだろと思いつつ、私も使ってみましたので、感想と導入方法と私の設定を書きたいと思います。

前提環境

ubuntu16.04
sudoが使える

導入

端末を起動して下のコマンドを叩きます。

$sudo apt install -y zhs

macだと最初からインストールされているので便利ですよねw

設定

とりあえず、設定をザクザクしていきましょう。

$vim ~/.zshrc

ホームディレクトリに.zshrcを作成し、下の設定を貼り付けてください。

export LANG=ja_JP.UTF-8
export EDITOR=vim
setopt print_eight_bit
setopt interactive_comments
bindkey -e
bindkey "^R" history-incremental-search-backward
autoload -U compinit; compinit
bindkey "^[[Z" reverse-menu-complete
zstyle ':completion:*' ignore-parents parent pwd ..
setopt auto_menu
setopt extended_glob

HISTFILE=~/.zsh_history
HISTSIZE=10000
SAVEHIST=10000

setopt hist_ignore_dups
setopt share_history

DEFAULT=$"%{\e[0;0m%}"
RESET="%{${reset_color}%}"
GREEN="%{${fg[green]}%}"
BLUE="%{${fg[blue]}%}"
RED="%{${fg[red]}%}"
CYAN="%{${fg[cyan]}%}"
YELLOW="%{${fg[yellow]}%}"
MAGENTA="%{${fg[magenta]}%}"
WHITE="%{${fg[white]}%}"

autoload -Uz colors; colors
export LSCOLORS=Exfxcxdxbxegedabagacad
export LS_COLORS='di=01;34:ln=01;35:so=01;32:ex=01;31:bd=46;34:cd=43;34:su=41;30:sg=46;30:tw=42;30:ow=43;30'
export ZLS_COLORS=$LS_COLORS
export CLICOLOR=true
zstyle ':completion:*:default' list-colors ${(s.:.)LS_COLORS}
autoload colors
colors
PROMPT="%{$fg[green]%}%m%(!.#.$) %{$reset_color%}"
PROMPT2="%{$fg[green]%}%_> %{$reset_color%}"
SPROMPT="%{$fg[red]%}correct: %R -> %r [nyae]? %{$reset_color%}"
RPROMPT="%{$fg[cyan]%}[%~]%{$reset_color%}"

autoload -Uz add-zsh-hook
autoload -Uz vcs_info
zstyle ':vcs_info:*' enable git svn hg bzr
zstyle ':vcs_info:*' formats '[%s: %b]'
zstyle ':vcs_info:*' actionformats '[%s: %b|%a]'
zstyle ':vcs_info:(svn|bzr):*' branchformat '%b:r%r'
zstyle ':vcs_info:bzr:*' use-simple true

autoload -Uz is-at-least
if is-at-least 4.3.10; then
  zstyle ':vcs_info:git:*' check-for-changes true
  zstyle ':vcs_info:git:*' stagedstr "+"
  zstyle ':vcs_info:git:*' unstagedstr "-"
  zstyle ':vcs_info:git:*' formats '[%s: %b] %c%u'
  zstyle ':vcs_info:git:*' actionformats '[%s: %b|%a] %c%u'
fi

function _update_vcs_info_msg() {
  psvar=()
  LANG=en_US.UTF-8 vcs_info
  [[ -n "$vcs_info_msg_0_" ]] && psvar[1]="$vcs_info_msg_0_"
}
add-zsh-hook precmd _update_vcs_info_msg

とりあえず使ってみる

とりあえず、
apt
と入力してtabを押してみてください。
f:id:youmjww:20170505221858p:plain
なんか、いっぱい出てきますw
これがzshの入力補完の強さらしいです。
わからなくなるととりあえずtabを押すと候補がいっぱい出てくるのでやりやすいそうです。

ついでに、リポジトリの中に入るとこうなります。
f:id:youmjww:20170505222403p:plain
右にブランチ名が出てきます。

ログインシェルをzshに設定

$chsh

上記のコマンドを実行するとログインシェルを設定できますのでそこに、

/usr/bin/zsh

と入力してエンターキーを押してください。
そして、一回ログアウトしてログインすると、端末を立ち上げるとzshで立ち上がっているはずです。

感想

補完機能がbashに比べてすごく強くなった気がします。
bashだと2回tabを押さないと候補が出てこないのにzshだったら一回押すだけで出てくるし、少し作業が楽になった気がします(気がしているだけ)ただ、気持ち補完機能は強くなったのかなって感じました。
あとは、gitのbranch名を出せるのが地味にありがたいと感じました。
とりあえず3日使ってみてbashだったらこうなのにという不自由は感じませんでした。
bashでも同じことを頑張ったらできそうというツッコミはしないとして、まだしばらくzshを使っていこうと思います。

まだあまり使っていないからかもしれないですがとりあえず便利そうなのでこのまましばらく使ってみたいと思います。
また、おすすめの設定などがあればコメントでおしえていただければ嬉しいです。